お金を借りる時は必ず審査がある

あなたがお金を借りようとしているなら、住宅ローンや車のローンでも、法人用の融資でも、消費者金融のキャッシングや銀行カードローンだとしても、必ず審査を通らなくては借入はできません。銀行カードローンの場合は、保証会社が審査を行います。

 

審査基準は金融業者によってそれぞれ設定されており、審査に落ちたとしても原因は知らされないため、明確にはわかりませんが、銀行より消費者金融の方が審査に通りやすいと言われています。

 

どちらの業者にしろ、無職はもちろん安定した収入がない場合や、個人信用情報にキズ(事故情報・異動情報と言われるブラックリストのことです)がある場合は審査に通るのが難しくなります。

 

もし「ブラックでもOK」「多重債務者でもOK」などと勧誘してくる業者がいたら、限りなく怪しく、ヤミ金と呼ばれる悪徳業者の可能性が高いので手を出さないほうが良いでしょう。

 

【キャッシング・カードローンの審査内容】

 

各金融業者は、申込者に返済能力があるかどうかを見極めるために審査を行います。
内容は、項目数が多く、各金融業者によっても違いますが、重要になってくるポイントは決まっています。

 

〈年収〉
やはり返済能力を見極めるには年収は重要な鍵です。
年収は200万円以上あるかどうかがひとつの基準ですが、それより年収が低くてもNGではありません。

 

年収が高くても、毎月の収入が安定していないと審査が厳しくなります。自営業など職業によっては収入が不安定です。特に銀行カードローンだと自営業者に対し厳しい印象です。

 

雇用形態が正社員でなくても、問題ありません。アルバイトやパートでも勤続年数が長く収入が安定していれば大丈夫です。年収が多い正社員でも就職したばかりだったりと、勤続年数が短いと審査に通らない可能性があります。

 

〈雇用形態〉
有利な順に正社員、契約社員、派遣社員、パート・アルバイトとなっています。非正規雇用でも
NGではありませんので、審査に通る可能性もゼロではありません。

 

一番有利なのは公務員です。基本的に解雇されることがなく、収入も安定しているためです。

 

〈勤務先と勤続年数〉
大手企業、上場企業に勤めていれば有利ですが、勤続年数が1年未満だと審査に通らないこともあり、1年以上同じ会社で勤務しているかが重要です。

 

審査の一環として、必ず在籍確認が行われ、勤務先へ電話がかかってきます。申込内容をごまかすと、後に契約破棄となる可能性がありますから、正直に答えましょう。

 

〈他社からの借入〉
他社からの借入は、ないにこしたことはありませんが、 1〜2社からの借入なら割と審査に通ると言われています。もちろん少ない方が有利ですが、3社でも借入可能な場合もあり、何社まではOKのような明確な基準はわかりません。

 

借入は件数が重要視され、1社から大きな借入ができる人は信用度が高いと判断されます。
たとえば3社から25万円ずつ借りて借金の合計が75万円の人が4社目に申し込む場合より、1社から75万円借りている人が2社目に申し込む場合の方が、審査に通る可能性が高くなります。
新たにお金を借りる場合は、前以て借金を複数社から1社にまとめておくと良いでしょう。

 

〈個人信用情報〉
キャッシングでも、クレジットカードや分割払いでも、借金に関する利用履歴は、個人信用情報機関に利用が記録され保存されます。もしキャッシングなどで審査に落ちたとしても、申し込みの記録は6ヶ月間残ります。

 

さらに長期延滞や債務整理の過去があると、事故情報、異動情報として記録され、1年〜10年間保存されます。その間は借金やローンを組むことができなくなります。

 

給料 前借り